引越し方位鑑定

引越し方位鑑定のご紹介です。
引越し方位鑑定とは、方位で運命を変えるように鑑定をすることを言います。
引越し方位鑑定では、移動することによって生ずる吉凶の現象を吉に成るように、気学の法則を使って仕向けることを実行します。
吉の方角に移動してしまえば、吉の作用が現れます。逆に暗剣殺や本命殺に向いて行けば悪い現象が現れます。
常に同じ方角に吉作用や凶作用が出るわけではありません。引越し方位鑑定は、常に変化しています。運命を変えるには、その方角が吉の時に吉方に移動することが大事です。
その方法は、引越し方位鑑定では、次のようになっています。
意図的に、吉の方角に移動する。既存の移動を意図的に吉に変える。あるいは、行かなければならない凶方位への移動を除ける。
ではどのような移動で方位が発生するかを知るにはどうするのでしょうか。
方位の発生は、初めてその場所に行くときです。まったく行ってない場所や、少なくとも60日間行ってない場所が、これに該当します。
その目的としては、用足し、旅行、就職、引越しなどが考えられます。
では移動範囲はどれぐらいかといいますと、引越しのように定住、または就職あるいは事務所移転時のように随時行く場所は、330m離れれば方位の作用が始まります。
日常の訪問、旅行など単発的な移動では50キロ以内は、ほとんど無視しても問題ありません。
逆に吉作用をすこしでも、出そうと考えれば100キロ以上は遠いほうが良いです。 引越し方位鑑定の気学について詳しくは九星氣学方位詳細を参照してください。

運命転換を図る

ではどのようにして運命を変えるかを、お話ししましょう。
引越し方位鑑定では、お引越しを吉方にすることで運命転換を図ります。お引越しは、墓相、家相に続けて運気を作用します。お引越しや、転職、事務所の移転などは、とりわけ最初に行った日が重要です。
つまり、お引越し、事務所の移転は移転した日ではなく、最初に足を踏み入れた日がいつかによって方位が発生するものだと思ってください。
この方位を見分けるのが、引越し方位鑑定なのです。お引越しの場合年月日を揃えて、その方角が吉になる必要があります。
もしも年の方位を無視した場合には、最長3年以内にできるだけ一年で移転すれば問題ありません。
気学では、年盤を2月4日から翌年の2月3日まででとりますので、通常のカレンダーとは異なっています。
月盤は9日から翌月の4日までと考えます。毎月細かく節入りが変わりますが、5日から8日まで、方位の行動を避けるようにしてください。
以上は、、引越し方位鑑定のご紹介でした。

引越しの方位